新着記事

2005年02月27日

はじめよう! みんなのブログ

インプレス ( 大型本 2004/07/08 )
Rank:4,010
Price:¥ 980
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


私自身もブログって何??て考えている時に
この本に出会い今はJUGEMでブログってます
ブログのしくみやRSSリーダー、
アソシエイトの事も解説してあり
誌面連動CDロムが付いているのもいいですね
発売がちょっと前になりますが
まだまだ役にたってますよ

各プロバイダー、ポータル、ASPが提供しているWEBサ−ビス型ブログを紹介している。サーバーインストール型をこれから構築しようという人にはアフィリエイトやCSSの記事は参考になるかも?

ウェブログの入門書です。とくに2004年に入ってからというもの、月刊 Internet magazine はウェブログの特集を繰り返し組んできました。現在、最もウェブログに詳しい雑誌編集部が取材の集大成としてボリュームゾーンである初心者層に向けて送り出したのがこのムック本です。
巻頭インタビューでブログを運営中の著名人がその魅力を語り、続いてお勧めのブログとレンタルブログサービスを紹介、そしてブログのはじめ方を解説する……という流れは非常によく考えられており、各記事もよく整理され読みやすいものとなっています。初心者でも楽しく簡単にブログ生活をスタートできるでしょう。
後半にはアフィリエイト入門や CSS によるデザインカスタマイズなどを押えており、ブログの今後を占う特別対談も収録されています。CD-ROM の内容は薄いのですが、内容の割に価格は安く、ウェブログ入門の決定版といってよい楽しい1冊です。お勧めします。(既にウェブログを運営されている方には物足りない内容かもしれません)続きを読む
posted by すぴっつ at 09:28| Comment(11) | TrackBack(0) | 本・雑誌・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログで始める超速起業入門

明日香出版社 ( 単行本 2004/11 )
Rank:1,969
Price:¥ 1,470
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


本書は題名のように「起業入門」であって「ブログ入門」ではありません。本書ではブログがホームページよりも起業に有利な点が解説されています。

ブログがホームページよりも起業に有利なのは
1,xhtmlの文法に間違いが起こりにくいので検索エンジンで上位に載る可能性が高く、潜在的な顧客を増やす事ができる。
2,更新が容易で、事業という本来の目的に労力を集中させる事ができる。
3,トラックバックにより相互リンクが容易で、顧客との双方コミュニケーションが促進できる。
という点です。
本書には、その他にブログで顧客を取り込みホームページに誘導する手法の紹介や、成功のポイントとしてオンリーワンすなわち個性的な情報で勝負する事の提言などが示されていて、既に個性的な情報を持ちそれを具体的に起業に結びつけたい読者にはとても有用です。「ブログ入門」としては他の入門書をお薦めしますが、「ブログを使う起業入門」としては、他に類を見ないくらい親切丁寧に書かれています。

タイトルからも分かるとおり、あくまで「起業」の入門書だけあって、
ブログというツールの使い方を紹介した本ではなく、
ツールを使って、「具体的」にどう『オンリーワン戦略(※)』を
展開していけばいいかと言う点について、
紙面を割いているのが非常に良い点だと思いました。
※本紙4章以降で取り上げている戦略の考え方

ブログというと、ちょっと難しいのかな〜?って思っていましたが、案外簡単そうで興味が沸きました。もう今までみたいにGoLiveで必死にHPを更新するのは止めます。友達にビルダーを使ったHP作成法を教えてあげる約束をしてるけど、ブログとこの本を薦めることにします。どうやら小さな事業をネット上で始めようと考えている様子なので…。小難しい内容ではないから、HP作った事が無い人でも、きっとサクサク解るんじゃないかなって思います。私も今のプチ起業が、タイトルみたいに「超速」で発展するように?大いに活用して頑張ろうって気になりました。もうちょっとカラーだったらよかったかな〜。続きを読む
posted by すぴっつ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログではじめる!ノーリスク起業法のすべて―あなたの日記をお金に換える法

同文舘出版 ( 単行本 2004/12 )
Rank:3,705
Price:¥ 1,470
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


本書を読む前に、「本を書いて起業」「ミニコミを発行して起業」「ホームページで起業」「メルマガで起業」という連綿と続く起業指南の流れが存在することを知っておいてください。なぜ起業のプロセスにブログ(本/ミニコミ/ホームページ/メルマガ)を取り入れるとリスクを軽減できるのか? それは、起業前に顧客・ファンを確保できるからです。つまり、マスメディアに広告を出せない起業の初期段階において、最も効率的な宣伝手段は何か、という話なのです。
期待を高め、人を集めておいて、スタートダッシュで事業を軌道に乗せる。そううまくいくわけがないと、ふつうは思うでしょう。けれども、うまくいってしまうケースがあるのです。とはいえ、読者は冷静に考えねばなりません。著書刊行がリスキーであることは十分知れ渡りましたので、最近は話題になりません。ミニコミも同様。一方、ホームページとメルマガとブログには資金が不要なので、「私にもできるかも」と思わされます。危ない、危ない。資金は不要でも、時間と手間はかかります。
本書の副題は誤解を招きかねません。起業の「種」を既に持っている人が、その宣伝戦略に日記を組み込むのです。話を逆にしてはいけません。
また、ブログはよい「種」が評価されやすいシステム……ということは、そもそも手持ちの「種」がダメならブログでも宣伝に失敗することを意味します。このあたり、「本を書いて起業」の頃から変化ありません。こうした起業指南本の基本構造に注意しながら読めば、参考になる1冊だと思います。

著者の最近の肩書きの1つは「ノーリスク起業コンサルタント」。藤井孝一氏考案の「週末起業」や「週末起業コンサルタント」を連想させる。両者の共通点は実は多い。
本書の要点はブログを使って潜在的な顧客を発掘するという点に尽きる。安価で簡単にスタートできるブログを起業ツールの1つと位置づけた。中野瑛彦著/藤井孝一監修の「ブログで始める超速起業入門」(明日香出版)とこの点同じ。しかし、丸山氏はアイデア豊富で、本書で事例としてあげていたご自身のセミナー勧誘のメールマガジンの筆致には人柄が偲ばれ、読んでいて思わず笑みがこぼれた。同氏は「言語力」も大事だと説く。これは明治大学の斉藤孝氏の主張にも通じる。
ブログの威力は見逃せないが、著者は最後にブログ、ホームページ、メールマガジンの3種をうまく組み合わせて使う必要があるとも言う。本書は、ブログ、ホームページ、メールマガジンのそれぞれの長短を考えるのに、いい機会を与えてくれる一書かもしれない。

「DO BOOKS」で最近速攻読み終えたのは
これが2冊目。
ウェブが増え、次はブログが増えすぎる?前?に
「はやく」アップするのが、肝心、のような
意見もあり、ややもすると「そのとうり」に
聞こえますが、果たして?_?
逆にブログにアップする人が増えてくる
このあと1〜2年の間にこそ、
丸山さんがお書きになっているように、
真に「言葉力」を 「¥」につなげる
ステージがやってくるのでは、と
考えるのは僕だけでしょうか。
ただ、
振り返って「士業」ではない自分には
はやく『売るもの』を見つけ出さないと、
と あせりが募るのが、難点?といえば難点。
まず
仕事の{業務}日誌を アップしてみるか!続きを読む
posted by すぴっつ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日5分の口コミプロモーションブログ

英治出版 ( 単行本 2004/05 )
Rank:9,158
Price:¥ 1,575
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


IT系のジャーナリストが書いたブログの本です。
ジャーナリストの書いた本なので専門書のような難しい言葉がほとんど出てこないので経営者やパソコン初心者でも読みやすい本になっています。
ブログとは何かから始まって、ブログのビジネス利用についてまで幅広くかかれている本です。
ブログの歴史を紐解きながらブログがもたらす可能性について多くの取材から答えを導くような流れになっています。
ブログ初心者にとって、この手のやさしく書かれた本はほとんどないので、ブログを始められる方は必読書でしょう。

ウェブログはビジネスに役立つ、と主張する本です。いろいろな事例は出てきますが、費用対効果がきちんと示されたデータは1つもありません。例外を一般化して牽強付会で結論を出しています。
しかしながら、本書の文章は抑制されており、迫力がありません。もともとウェブログに興味がある人の背中を押す役には立つでしょうが、興味のない人を引きずりこむのは困難でしょう。同僚の机の上に置いても、結果は期待できません。
本書は「ウェブログは社会を変える技術だと思いたい人」のための本です。多くのビジネス書と同様、読む前から著者の根幹の主張に同調している人以外には勧めません。

Blogについて分かりやすく網羅的に書かれているだけでなく、具体的な事例を踏まえて現実的に解説している。これからBlogをビジネスとして活用したいと思っている人だけでなく、一体Blogにどのような可能性があるのか知りたいという人まで役立つ一冊だろう。
引用されている情報やデータが最新なのも嬉しいところ。続きを読む
posted by すぴっつ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・雑誌・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

即実践!ブログ徹底カスタマイズ術 Movable Typeで自分好みに!―Movable Type3.1/3.0日本語版対応

技術評論社 ( 単行本 2004/12 )
Rank:2,329
Price:¥ 2,604
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


Movable Type の初級解説書です。タイトルは中級書のようですが、内容は初級です。もっとも、MT はユーザ自身がサーバを用意(レンタルで可)して設置しなければならい点で敷居が高く、ウェブサイト運営の初心者には手が出ないのでご注意ください。
本書の対象読者層は「MT の設置に必要な最低限の知識・経験はあるが、HTML の知識は少しだけ、スタイルシートや MT のテンプレートの仕組みは全然分からない」方々です。第1章で MT の設定を再点検し、第2章でテンプレートを一部の記述を差し替える形でカスタマイズ、第3章でスタイルシートを学習・実践し、第4章ではオマケの機能を追加します。巻末の第5章は MT のインストールガイド。これは確認用であって、基本的に第5章を「必要」とする方が本書を読むのは少しつらいと思います。
本書の解説が初級にとどまるのは、HTML の知識をほとんど必要としない範囲に内容を絞り込んでいるためです。カスタマイズは一部は差替にとどまり、全体構造はデフォルトテンプレートを残します。この制約は大きく、限界が見えています。しかしこの割切りのため、本書は多くの方にとって読みやすい本となっています。


早々と3.1対応されて書かれています。
ダイナミックパブリッシングなどへの記述は間に合わなかったようですが、3.0系の機能は使えます。
分類項目もタグをつけて分かり易く並べてあり、好きなところから読めます。
はじめてMTを相手にする人には、是非、お奨めします。

初めて作る方にはちょうどいいかもしれない。
だいたいの記事はネットで調べれば事足りるようなこともあったのですでにある程度blog作成になれている人には必要ないかも。
最後のMT独自タグの解説も見づらく分かりづらい印象。
デザインカスタマイズを目的に購入するのであればあまりオススメできません。続きを読む
posted by すぴっつ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。