新着記事

2005年01月28日

「住宅ローン」賢い人はこう借りる!

PHP研究所 ( 単行本 2004/12/16 )
Rank:5,708
Price:¥ 1,365
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
住宅を借りる前も大事だけれど、買った後の対策も大事。 そういう意味ではどちらの場合の方でもこの本を読むと大変役に立ちます。 最新銀行のローンのこともくわしく書いてあるし、どういう住宅ローンの返し方が自分にとって良い方法としてあてはまるのか?を考えやすい内容になっています。 おすすめです! マイホームは人生の三大支出の一つと言われるが、住宅ローンはどれを選べばよいかという疑問を持っている方は多いだろう。 最近、身内が一戸建てを購入し、住宅関係会社の方には、「銀行の短期金利定型で転がしていけばいいんじゃない」と軽く言われたらしい。短期金利固定の期間が終了したら、また別の短期固定に借り換えていけばいいということらしいのだが・・。そんなに都合よく、また銀行金利キャンペーンはやっているのだろうか。現時点では、日本は低金利だが、ずっと続くのだろうか?そんな疑問を持っている方は、この本を読んで欲しい。変動金利の怖さがよくわかる。 超低金利の今だからこそ読んで欲しい本だ。 大半の方にとってはマイホームの購入が住宅ローンとのなが〓いつき合いの始まりとなります。本書ではその住宅ローンといかに上手につき合っていくかをいくか、そのポイントを具体的事例を交えながらわかりやすく説明してくれています。 今まさに住宅購入をご検討されている方、また既に住宅ローンを利用されている方にとっても、最も自分に適した住宅ローンを(再)選択し、 ローンに振り回されるのではなく、(まさしく本書にもあるように)コントロールしていくことがいかに重要であるかを教えてくれる“価値”ある一冊であると思います。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間取りの手帖

リトルモア ( 新書 2003/04 )
Rank:2,963
Price:¥ 998
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
一ページに一つ、新聞の折り込みチラシや不動産屋の店頭で見られる間取り図が載っています。その下に、佐藤和歌子さんによる短いコメント。 このコメントが絶妙。居合い抜きのようにすっぱりと鋭くツボに入る。ただの間取り図でこんなに笑わされるとは思いませんでした。 普通に暮らしていれば、間取り図を見るなんてのは、部屋を探している時ぐらいでしょう。そんなとき、ここに載っている間取り図の数々は「住みにくそう・・・」という印象で、記憶に残ることもないはず。 無から有を生み出し、豊かな世界を展開する手際の見事さは、一緒に買った「ナンシー関の記憶スケッチアカデミー」のナンシー関さんに通じるなあと思いました。あと、赤瀬川原平の路上探検とか。 こんなけったい間取りの部屡?が実在すると言うのも驚きですが。 次からの新聞のチラシが待ち遠しくなること請け合い。 「笑いは立面から平面へ」とは建築評論家五十嵐太郎の書評。しかし、一般の人の建築を読む能力について、これは「平面への回帰」では?と思ってみたり。 小さい頃、新聞に折り込まれた不動産折込広告を見て、そこで展開される自分の生活を想像したりして、心踊る経験をしたことがありませんか?私は今でも、建築雑誌、と言わず折り込み広告でも眺めているとワクワク、楽しかったりしています。ここにはあの棚、ここには欲しかったあの鉢植えを・・とか。『大人の科学』流行ってますが、あの頃の思い出をあなたに・・ってのとはちょっと違いましたね。でも、そういう意味で一種の回帰的な楽しさもあるのではないかなと思ったのです。それにしても、1つの平面から想像が広がっていく・・という事に関し!ては1枚の絵画を見る楽しさ、にもちょっと通じるところが。ん〓でもこれは、折り込み広告同様、ぱらぱら見るのが楽しいかな。 部屋を探すために賃貸情報誌パラパラと見ていると、 時々遭遇するヘンな物件。つっこみどころ満載で、 誰が住むんだろうという疑問とともに、ついついそこに住んだ 気持ちになって、部屋の中を視線で歩き回ってみたり・・・ そんな経験がある人におすすめの本。 よくぞ集めたなあと感心する、珍物件の間取りのおもしろさもさることながら、 それぞれの物件にキャプションとしてつけられた筆者の短いコメントが、 鋭く切り捨てるような視線で笑いを誘う。 赤瀬川原平トマソン本のような、おかしみ溢れる一冊。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物件調査のプロが明かす絶対に後悔しないマンション購入術○と×

エクスナレッジ ( 単行本 2003/12 )
Rank:3,038
Price:¥ 1,575
★★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
 最初に、『少し長めの「おわりに」』を読んだ方がいいかも知れません。  さくら事務所長嶋修さんの『想い』が、よくわかります。  不動産・マイホームの購入は、大抵の人にとって、一生に一度、人生の半分近くをそのローンの支払いに費やすほどの、大きな買い物です。  が、そのわりには、いや、それだからこそ(一生に一度だから、自分で勉強するより詳しい人=不動産業者に任せようと考えてしまう)かも知れませんが、あまりにも簡単に買ってしまっています。  そして、不動産業界の方も、はっきり言って、金儲けが第一です。消費者の味方ではありません。  欠陥住宅やローン地獄がよく話題になりますが、それは起こるべくして起こっていることであり、満足のいく買い物をしている人の方が、めずらしいこと(あるいは気付いていないだけ)なのかも知れません。  この本に一貫している著者の『想い』は、不動産を買って、幸せになって欲しい、ということだと思います。  周りの声に惑わされることなく、自分にとって、本当に必要なマイホームの形をよく考え、そして妥協しないこと。  その具体的なノウハウが満載です。これからマイホームの購入を考えている人、是非読んでください。 QA形式で具体的な事例をとても分かりやすく書いてあります。 今、私はマンション購入を検討しています。一生に一度あるかないかの高い買い物をするのですから購入者も真剣に勉強して後悔しないように心がけないといけないとこの本から学ぶことが出来ました。 ぜひマンション購入を考えている方は一度読まれるといいと思います。 この本を含めて住宅関連本を3冊纏めて購入、ざっと流し読みした中で本書が一番良かったと思うので感想です。 私自身はマンションより一戸建ての方に傾いている中での本書購入だったのですが、プロローグに書かれているとおり「本書はマンションに限定していますが、一戸建てを購入する人にも必要な知識が多々あると思います」とは正にその通りではないかと思います。 中身はどこかで聞いたことがある様な(恐らく一般的な)内容も多い様に思いますが、購入物件決定に至るまでのプロセスにおいて私の様な素人が必要とする情報が、非常に分かり易く記されています。 ただ、契約内容については他書より不足気味ですが、これはさくら事務所に物件調査を依頼してくれと言うことなのかな? あ、それと部屋のレイアウト検討について必要な場合も恐らく他に情報源が必要です。 個人的には「少し長めのおわりに」が一番心に残っていたりします(笑)続きを読む
posted by すぴっつ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「行列のできるスーパー工務店」の秘密

日本実業出版社 ( 単行本(ソフトカバー) 2004/02/05 )
Rank:7,132
Price:¥ 1,470
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
実践ノウハウ本は「読んで満足」が多い。 「言うは易し、やるは難し」である。 しかし、本書は、読んでいる途中から早く実行してみたくなった。 それだけ著者のノウハウに説得力があり、 実行すれば、確実に成果が上がるだろうと確信が持てたからだ。 ヘタなビジネス書を何冊も読むなら、 この本を何度も繰り返して読んだほうがいい。 とにかく、ワクワクしながら読み終えた。 「自分にもできる」そう思わせてくれる本は貴重である。 ここまで出していいの?とこちらが心配してしまう。 工務店だけでなく、どんな業種も応用できる。 この手の本のスタンダードが出てきたという感じ。 実践の土の臭いがプンプンして、無骨さとすごみを感じる。 著者は、これから家づくりをされる方と、お客を無視した家づくりをする業者への警告を、この本で表現したかったのかと思う。はじめにで、工務店向けの本と書いてあるが、一行一行から家づくりに対する著者の情熱が伝わってくる。 前著「安くていい家」も読みやすかったが、今回の著書も読みやく、著者のひたむきな姿が瞼に浮かんできた。 特に、これから家づくりをされる方には、その業界の裏側がわかるので呼んで損はしないだろう。 我々、一般消費者向けに商売をしている者にとっても、バイブル的な価値のある一冊だと思う。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家づくり必勝法

日本放送出版協会 ( 単行本 2004/10 )
Rank:2,687
Price:¥ 714
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
営業経験者だけあって理解しやすく書かれていた。これから家をたてる人にはよいが、初歩の初歩という感じで少し物足りなさを感じた。もうすこし突っ込んだところがあればよかった。  家づくりに関して多くの書籍雑誌を読んだが、専門的過ぎる本や特定の工法を賞賛する本が多く、フェアなものがないかと探していました。ハウスメーカーか工務店か、それとも建築家かと悩んでいましたが、この本を読んで家づくりを再開しようかと思っています。特に性格分析はとても参考になった。難しいことを易しく書いてあるので、業者さんの説明分析には役に立つと思います。 家を建てるという事に関して必要な知識が網羅されている良書だと感じました。戸建住宅の工法や、住宅の建材・素材だけを語っている本とは本質的に違います。家を建てるために必要な資金調達も含めた心構えとか、土地探しの工夫とか、住宅の構造・工法の長所・短所の紹介など、中立の立場で紹介しているので安心して読めました。 (この工法が良いとか、外断熱がすばらしい、などと断言しているわけではないので、工法等の選択に背中を押してもらいたい人向けではないです。) ハウスメーカーのカタログはくまなく収集し、手に入る住宅建築関連本や雑誌はほとんど目を通してみたものの、結局、何を選択して良いのか分からない、家を建てる目的がみえなくなってしまった方に特にお勧めします(自分がまさにそうでしたので)。 特に戸建住宅関連の書籍は、役に立つかなと思って読んでみても実は「だから○○工法で建てれば良いのですよ」と書かれた本がいかに多いことか。信じるものだけが救われると言わんばかりの内容に、腹が立つこともしばしばでした。 そんな中でこの本を手にして、自分にとっての家づくりとは何か、という原点に立ち戻り、ある意味冷静になれました。 今一度、家づくりに挑戦したいと思えるようになった本です。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主婦が考案した住みやすい家102の知恵―使い勝手のよい設計プラン実例集

講談社 ( 単行本(ソフトカバー) 1996/06 )
Rank:1,335
Price:¥ 1,470
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
短時間でスイスイ読んでしまいました。なるほど〓と納得出来る部分も多く、参考になりました。女性ならではの間取りや空間利用法のプランや思考が沢山でした。 子供部屋の作り方(正しくは、子供部屋を中心に作らない) はとても参考になりました。間取りを中心に提案してあり ますが、湿気対策なども盛り込まれており、大変参考に なりました。これから家を建てる方にはオススメです。 我が家を今回建てたときに、女房も私も一番読んだのがこの本でした。家は施主のもの、住んでいく家族のもの、だから家事をしていく視点(それを女性の視点というふうに限定することはないと思うが・・・)で設計のアイディアを沢山集めてあるこの本はとても説得力をもっていますね。装丁は簡易なものですが中身はどうして、とても充実しています。 さて我が家では著者の勧めに従って郵便受けは玄関ドア横の壁に埋め込んでドアを開けずに新聞を取れるようにしたんですが、さてはじめての冬をこれから迎えて、どうでしょう(笑)?楽しみです。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間違いだらけのハウスメーカー選び〈3〉50社本音評価

広済堂出版 ( 単行本 2004/02 )
Rank:34,925
Price:¥ 1,680
★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
「本音評価」などと言っていますが、まあ、本音で本を書く人などいないと思うべきでしょう。仲のいいメーカーを良く書くものです。 私は以前ハウスメーカーに勤めていました。上司に、 「ハウスメーカーはどこもたいした違いがないから、お前ら営業がいるんだよ」 と言われ、なるほどと思ったものです。しかし、営業マンがそんなもので、それで成立しているのがハウスメーカーなのであれば、そんなものは世の中にとって無駄なものでしかあり得ません。そして私は会社を辞めました。その後私は現在アトリエ系の設計事務所に勤めています。 今の職場には「建築」と「建物」との違いを語れる人間がいます。 みなさん、多少苦労しますが、生涯所得の何分の一かを使う買い物なんです。大した違いのないハウスメーカーの営業マンなどの言うことに右往左往し、その挙句にくだらない家など建てず、共感できる建築家を見つけて住まいを創るべきです。 共感できる価値観と実績を持った建築家を見つけるためには、大変な手間が必要ですが、生涯所得の何分の一かを費やすことを考えれば、十分妥当なものだと思います。 著者は有料会員制の住宅建築相談サイト経営しており,そこでの経験・実例等を踏まえて,大手メーカー50社を個別に評価しています。 大手メーカーで悪徳営業マンや手抜き大工に当たる可能性は僅かかもしれません。でも,それがたまたま自分の家に当たったら,たまったものじゃない!!各メーカーにはどのようなリスクがあるのか?それを回避するためにはどうやって自己防衛すべきなのか?そういったことのヒントを与えてくれる一冊です。 基本的に悪い実例を評価基準としているため,極端に思える評価も結構あります。話題性を持たせるためにわざと大げさに言ってる部分もあるような気がします。著者の立場も考えて,話を鵜呑みにせず,自分なりに噛み砕いて解釈しましょう。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いい家」が欲しい。

創英社/三省堂書店 ( 単行本 2004/08 )
Rank:3,813
Price:¥ 1,890
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
広告本であるとかないに関わらずどの住宅メーカーでも教えてくれない 住宅の隠された部分が書かれてるのでとても参考になりました。 住宅展示場をまわっていろいろプランを作ってもらってましたが この本に出会ってなかったら何も知らずに契約してたとこでした。 まだどこで建てるかは決まってませんが間違いなく住宅に対する視野は 広がり、今はいろんな角度から検討中です。 タイトル通りいい家が欲しい人は読むべきだと思います。 著者の思い入れ(というか感情)が随所にあふれていて、それが実名やどこの会社かよくわかる形での他社批判になっており、「物議をかもすだろうなぁ」と読みながら思っていました。 そうした部分はさておいて、家づくりには「構造」「断熱」「依頼先」の三要素が最も重要、という指摘には頷かされます。また、それぞれの要素についての著者の考え方には十分な説得力があり、これから工務店や住宅メーカーの人と話す際に大変参考になります。 単なるくだらない広告本です。最近、何のドキュメンタリー番組かと思ってみていると最後に出演者が「青汁」を飲み始めて、実は長い通販CMだったというのがよくありますが、あれと同じですね。素人なら信じるだろうと思ってもっともらしいことをたいした根拠もなしに書き連ねて、最後に自分の会社の宣伝です。絶対に電話などしないように。。。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トクをする住宅ローン資金計画と税金対策マニュアル (2005年版)

主婦と生活社 ( ムック 2004/06 )
Rank:12,739
Price:¥ 1,418
★★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
人生最大の買い物の 家を購入するにあたりこの本を買いました。 私の場合、建売でなく手続きの面倒な注文住宅にしたのですが、 まったく住宅購入の無知な私がこの本を読んで  銀行員が言っていることがわかりました。 司法書士の話していることがわかりました。 税理士に相談する際の疑問点もこの本から知りました。 読むか読まないかで、あなたが住宅購入全体を把握できるかの分かれ道です。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗しないマンション選び プロが教えるチェックポイント

日本実業出版社 ( 単行本 2004/09/16 )
Rank:7,114
Price:¥ 1,575
★★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
現在マンション購入を検討中で、色々な物件のモデルルームを見てはシンデレラのように夢心地で、「こんな状態では、冷静に判断できないだろう」と夫が買ってきてくれたのがこの本です。 物件を見極めるポイントを、様々な角度から、まさに「達人の目」で切り取られていて、具体的な事例と写真入で分かり易く説明されています。 設備や仕様なども最新のものをきちんと取り上げていますので、まさに旬!(モデルルーム帰りの人は、「これもあった!あっ、これもー。」と唸るに違いありません。) 周辺環境のことや、デベロッパー・売主とのやり取りで見えてくる相手の信頼性などは、素人ではなかなか気づきにくい点なので、大変勉強になりました。 一番ややこしい契約関係や内覧会など対してのポイントも指摘がありますが、実行する際は「さくら事務所」さんのHPメルマガ勉強するか、専門家にコンサルタントをお願いしようかなと思っています。 本書のおかげで、冷静になり、マンションを見る目がガラッと変わりました。 今は、デベロッパーの営業担当さんに、付録の「ジャッジメントペーパー」を元に質問のやり取り等をしています。 著書の長島さんのおっしゃる通り、ハッピーエンドマンション購入を目指していきます。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少ないお金で夢がかなうイギリスの小さな家

大和書房 ( 単行本 2004/10 )
Rank:485
Price:¥ 1,575
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
〓「小さい家」で検索したら、この本が出ていた。 「イギリス」と「小さい家」が自分の中でよく繋がらなかったので、買ってみた。 感想としては、「小さい家」でいいじゃないか。という穏やかな感じ。 家の購入を考えているが、これで妻に「大きさだけがすべてじゃない」と言える。 まだ言ってないけど。 自分はどちらかと言うと、狭くてもにぎやかなとこ〓〓ろがいい。 もしこれで妻を説得できたら、この本には相当感謝です。〓  質素なイギリス人のライフスタイルに大変関心がある。  ラジオで一般的なイギリスの家は小さいと知り、興味を持ち この本をぜひ読んでみようと思った。まず、書き方が平易でとても読みやすい。また、イギリスの住宅論ばかりでなく、ものとのかかわりや,子育てにまで言及していた。庶民からチャールズ皇太子や,ポール・マッカートニーの日常生活の様子まで引き合いにしながら、良い住まい、豊かな家とは、どんなものなのか、語り掛けている。  難しいイギリスの住宅購入の仕組みも、ユーモラスに読めた。何しろ最後までぎっしりと新しい情報が書きこんである。これを読むと,日本の基盤が疑わしくもあり,ますます我が家を大切に考えようと思う。  あえて小さいほうを選ぶ生きかた〓と言うフレーズが強く心に残っている。 読み応えある,とても面白い本。ホームリーな家が大切だと最後に納得できるからだ。 うさぎ小屋に住んでいるのはイギリス人も同じなんですね。 でも、英国にはこんな皮肉もないのでしょうね。 シンプルライフと貧乏、似てるけどぜんぜん違うんだ。 そのことにはっとしました。 少ないお金で,好きな家がもてたらいいな。家ほしい。 読後感はこの一言。続きを読む
posted by すぴっつ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近藤典子が建てた家―収納のカリスマが提案する、新しい暮らしの形

SSコミュニケーションズ ( 大型本 2004/10 )
Rank:2,648
Price:¥ 1,400
★★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
ご存知収納のカリスマ主婦近藤典子さんが実際に建てた家を まるごと取り上げた本です。 写真が多く観やすく、間取り図もわかりやすい本です。 単純に彼女の家を紹介している本ではなく、 収納の仕方や建材・家具・照明の選び方など快適な暮らしを提案しています。 決して広い敷地に贅沢に建てられた豪邸ではありません。 敢えて4.9畳の子供部屋を想定したお部屋を作ったり、 トイレは普通以上に狭かったり、 リビングの天井の高さも普通のマンションを想定して2.6mにしたり・・・なのにアイデア次第で快適な開放感のある家が作れる、という実験なのだそうです。とても素敵な雰囲気のお宅です。 これから家を建てようとしている人にはもちろん参考になると思いますし、 手作りでの簡単リフォームを考えている人にも とても参考になるアイデアが載っています。 詳しい内容は、こんな感じです。 ■レイアウトを変えられるリビング、 □オープン型でラク家事を目指すダイニングキッチン、 ■動線を考え抜いたランドリールーム、 □凛としたセンス抜群の和室、 ■4.9畳にベッド3台(!)のゲストルーム □家族用のシューズクローゼットもある玄関 ■広くないのにホテルみたいなバストイレ □シンプルな夫婦の部屋と衣替えのいらないクローゼット ■お年寄りへの気配りがあふれるお義母さんの部屋 □秘密基地のような夫の部屋 ■気持ちよさと使い勝手のよさにこだわった床・壁・建具・照明 □快適な仕事部屋 ■収納スクラップ手作りマジック26続きを読む
posted by すぴっつ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。