新着記事

2005年02月18日

ファイナルファンタジー

スクウェア ( Video Game 2002/10/31 )
Rank:927
Price:¥ 3,391
★★★
通常1〜2週間以内に発送
posted by weLoge


ブックオフにて、安くてしかも綺麗な状態だったので購入することとなった。
しかし、中身はほとんど進化していなく、やりこみも通常モードだと出来ないのが痛い。
結論から言うとあまり面白くない。
もし、私がファミコンを昔からしていて、そのグラフィックに一度でもなれたことがあるのなら、もしくはすこぶる悪いシステムやゲームバランスに一度でも慣れたことがあるのなら、私は続けられたと思う。
しかし、私はスーパーファミコンからゲームを始めたいわゆるスーファミ世代で、ゲームバランスやシステムもそこそこ進化しているころにゲームを始めたのでファミコンとほとんど変わらぬグラフィックに始めた当初から驚きを隠せなかった。
昔のユーザーには好まれるだろうが、今の64やPSからゲームを始めた人には絶対に向かない。
向かないと言うよりもなれるのにものすごい苦労がいるだろう。
音楽だけはよかったが・・・・・。

私はちゃんとしたリメイクだと思います。
まず初期の作品に完璧に近付けるのは無理に近いです。
それにFCからPSに移植する訳だから変わって当たり前だと思うし。
懐かしさを楽しむならFC版手に入れるなりして下さいって感じでしょうか。
個人的に色々な工夫されてて良かったです。
モンスター図鑑や天野喜孝氏が手がけたイラストを鑑賞出来るのは良いと思いましたね。
でもムービーではスクウェアは技術あるし、
それに凝ってる方なんで良いと思います。
おまけやら遊びやすくなってるのは事実ですし、ムービーも綺麗だし初心者にはおすすめです。
でも昔のFFを懐かしさを感じたい人にはおすすめ出来ないかもしれません。
でも私は当初のFFもやってみて良かったですが、
リメイク版も良い出来だと思うし好きです。

FFシリーズは一通りやってみたが、
PSに移ってからのFFはストーリーにしろイベントにしろ
”プレイさせられている”感が否めなませんでした。自分で主人公を動かしている感覚がなく、
イベント(ムービー)主流型というか。
あくまで自分が主人公を動かしている・冒険している、という感覚を
味わいたいのであればこのゲームをお勧めします。
ビジュアル重視なのであればちょっと引いてしまうかも知れませんが
そこら辺は想像力で補えばかなり楽しいと思います。
単に私がベーシックな冒険が好きなだけ、というのもありますが。続きを読む
posted by すぴっつ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | CD・DVD・ゲーム・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナルファンタジーII

スクウェア ( Video Game 2002/10/31 )
Rank:783
Price:¥ 3,990
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


ファイナルファンタジー�Kは、今でも、珍しいシステムだと思います。例えば、人から聞いて覚えた言葉が、重要なヒントや合言葉になったり、レベルアップという概念とは、少し違い、攻撃すれば攻撃力がアップするなどのプレイヤーによっては、見た目とまったく違うキャラに育ったりします。ちなみに私は、全体的に攻撃+回復魔法重視になってしまいました。まあ、自由度が高いという面では、楽しめます。逆にこういうシステムが好きではない方もいますので、星4つということにします。これだけは言わせて下さい。よくサブキャラが死んでしまいます。かなり悲しいです。

恐らく、FFシリーズの中で最も難しいと思われる作品。
熟練度システムは発売された89年当時、ファミコン雑誌などで
かなりのページを割いて紹介されていた。
そして、ストーリーも次々に仲間が死んでいくという
非常に重苦しいものである。
脚本はアニメ「きまぐれオレンジ☆ロード」などを手掛けた寺田憲史氏が
担当し、ストーリーにより深みを与えている。

�J,�Kとワンダースワンでプレイしましたが、かなり歯ごたえのある作品でした。この�Kの成長システムですが、好き嫌いが出るのでは? スワン版をプレイした時、ガイが敵にやたらめったら狙われていたせいで、彼だけがずば抜けてHPが高くなったのは、僕だけですかね?
それにしても「�L」が出ないですね。スワン版の「�L」はどうなったのでしょうか? �J、�Kとリメイクするなら、�Lも入れてほしかったなぁ。続きを読む
posted by すぴっつ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CD・DVD・ゲーム・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナルファンタジー I・II アドバンス

スクウェア・エニックス ( Video Game 2004/07/29 )
Rank:491
Price:¥ 6,090
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


「FF」の略称で親しまれ、続編が登場するたびにすべてのプレイヤーに衝撃を与え続けてきた「ファイナルファンタジー」シリーズ。「ドラゴンクエスト」と並ぶ国産ファンタジーRPGの代表作である。その原点である「I」と「II」が1本のカートリッジになりGAMEBOY ADVANCEで登場。

FAMICOM用に発売され、爆発的な人気を得た「ファイナルファンタジー」(1987年)と「ファイナルファンタジーII」(1988年)をGBA用に改良し、新たなオリジナル要素を収録したのが本作だ。回数で制限されていた魔法の使用がMP制になるなどのシステム変更が行われているほか、会話シーンでは顔グラフィックが追加され表情も変化する。

GBA版ならではの新要素として、二つの楽しみが用意されている。ひとつ目は、「I」に追加されたダンジョン「Soul of Chaos」。ある条件を満たすと、4体のカオスが封印された地下何層にもわたる広大な特殊ダンジョンに挑戦できるようになる。ダンジョン内では新たに追加されたアイテムも入手可能だ。もうひとつは、エクストラエピソード「Soul of Rebirth」。「II」に登場して世界を救うために散っていった4人の英雄を操作して、もうひとつの世界を旅することができる。

クリスタルをめぐる時空を超えたストーリーの「I」、個性的なキャラクターと美しくも悲しい人間ドラマを描いた「II」。ふたつのゲームを最新の機能とグラフィックで一度に楽しめる、お得な1本である。(松本秀行)

ファミコン世代の私たちには、いい加減飽きた・・と思いつつも買ってしまうタイトルなのかもしれません。ですがファミコン版発表からかなりの年月が経っているので全くの新規のプレイヤーの人たちも大勢いると思います。過去のファミコン時代のFFを知らない新規のプレイヤーであればかなりの時間をこのゲームで楽しく過ごせると思いますよ。意外と忘れているんですよね、ストーリーを。自分の記憶力の無さをありがたく思ってただ今ハマっています。

このシリーズ全てに言えることですが、戦闘シーンが長くなりがち。特殊攻撃や魔法が派手なのはいいんだけど、何回か見ると飽きる、でも飛ばせないんでイライラする。特に2は魔法や特殊攻撃を使う敵が多いので、ザコ敵に捕まり魔法連発されると本当に腹が立つ。
バランス直したり、おまけダンジョンつけるより、デモを飛ばせるようにしてくれたほうがよかったと思う。
まあ、悪いゲームではないので、1・2を知らない人は遊んで損はないですが・・

1しかやりませんでしたが、レベルが、あがりやすすぎるなと思いました。
ふつうにレベル上げ全くせず攻略して、ラスボス手前で全員レベル99。
雑魚は中盤からはほぼ1撃で倒せるし、隠しボスは強いけど、ストーリーのボスは弱弱…武器だけで2、3ターンで倒せます。
そのくせ敵出現率が高いので、ややストレスを感じました。
まあそれ以外はストーリーはあまりありませんが、悪くないし、おもしろいと思います。続きを読む
posted by すぴっつ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(1) | CD・DVD・ゲーム・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FINAL FANTASY X-2

スクウェア ( Video Game 2003/03/13 )
Rank:842
Price:¥ 8,190
★★
通常1〜2週間以内に発送
posted by weLoge


ロールプレイングゲームの代名詞ともいえる「FINAL FANTASY」シリーズ。その中で唯一、続編が作られることになったのがこの作品である。
前作「X」での世界観をそのまま引き継ぎ、さらなる新システムが導入されている。「X」で召喚士として登場したユウナが今回の主人公で、ガンナーと呼ばれる銃で攻撃を行う。ともに旅をするのはシーフのリュックと戦士のパイン、女性3人の華やかなパーティだ。新システムのドレスアップがポイントで、戦闘中にこれを行うことで、キャラクターのジョブを変化させることができる。彼女らのコスチュームが派手なエフェクトとともに変化し、相手のモンスターに合わせたジョブになるのだ。バラエティに富んだコスチュームを見るのも今作の楽しみであろう。
「FF」ファンにはおなじみのATB(アクティブタイムバトル)システムも復活し、緊張感あるバトルを繰り広げることができる。さらには「X」で登場した、ワッカやキマリのその後も知ることができる。テーマソングはR&Bシンガーの倖田來未(こうだくみ)が担当し、さらに味わい深いFINAL FANTASYワールドを作り上げている。(樋口浩二)

これはキツかった。クリアできなかった初めてのFFシリーズです。不満点は無数にありますが、大きく1、キャラがはしゃぎすぎ 2、着替えシーン長すぎ 3、期待した終わり方じゃない に尽きます。特に2はキツかった!せめてシーンをカットできれば・・・。XはFF史上最高でしたが、期待した自分が悪かったんでしょうか?過去最低は9でしたが、めでたく更新となりました。

期待できないであろう事は覚悟の上で買いました。
だからショックもありません。CMのアノ画像も○○○である事は予測できたので、思ったとおりでした。
あのような形で終わった物語の続編なら、彼の存在は]-2の核心であるはず
なのに(正当な続編なら)某ゲームの特典で付けたり、CMでバンバン流れたのは、なんか違う、と思ったからです。
それでも買ってしまったのは、]が好きだったから。何が語られるのかは
解らなかったけど、やはり見たかったからです。
…やってみて、普通に良かったです。ただし、(個人的に)これはサイドストーリーと考えています。
裏話といえるかも知れません。自分としては、知りたかった。
ザナルカンド側のエピソードが(ほんの一部だけど)見られたのは良かったです。!と、前作の裏で進行していたアカギ隊のエピソード。
]-2の根幹とも言える物語ですが、単にプレイしただけでは物語が見えない様になっています。自分も2周目でそこに辿りついた時、やっとこのゲームに
触れたような気がしました。やり込んでこそ解る事実…ちょっとした驚きもあったけど、最初から行けるようにしていても、と思いました。
プレイしていて苦痛だった部分は、男性キャラがいなかったことと、
ドレスチェンジ。特にドレスは…気に入ったデザインが殆ど無く覚えたいアヴィリティがあっても見ているのが嫌で、(妙な露出が多い)使っていたのは剣士、ダーク、白魔、シーフ、ガンナーばかりです。
ドレスチェンジは面白いけどデザインは何とかして欲しかった…。
プレイした方が良いのかどうか、本当に人それぞれです。このゲームは特にそうだと思います。
慌ててプレイする事は無いと思いますが、でもプレイするなら、とことんやり込むつもりでプレイする事をお勧めします。

全国にいや全世界に大きな感動を呼んだ「FINAL FANTASY X」の続編です。
一番度肝をぬかれたのはユウナの格好と武器で、周りでもこの事は
賛否両論になってます。「この格好はカッコイイ」、「前作のイメージ
があるから好きにはなれない」などいろんな意見がありますけど自分
は前者の意見です。今回の格好はラフ、しかも武器はニ丁拳銃で
新しいユウナが見れると思います。少しは期待してたんですけど、
実際出ると決まったらやっぱり個人的には嬉しいもんです。
なぜなら前作(X)をプレイした事がある方ならわかると思いますが
感動できてとても良かったんですが、やはりあの終わり方は
ちょっと納得できません。(個人的に) そして続きがあるというので
期待して見たインターナショナルの「永遠のナギ節」。
内容は良かったんですけどやはり続きのある終わり方をしてます。
しかも「永遠のナギ節」はこの「FINAL FANTASY X-2」のオープニングに
なるそうで。なのでとにかく今から待ち遠しいです。
今回、ユウナは召喚士ではなくスフィアハンターとして
自分そして・・・消えたアイツ探しの旅に出ます。
前作をプレイした方はもちろんのこと、
プレイしてない方は「FINAL FANTASY X」からプレイして
この感動を味わってもらいたいです。続きを読む
posted by すぴっつ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | CD・DVD・ゲーム・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナルファンタジー:アンリミテッドアフター〜外界の章〜

デジキューブ ( 単行本 2002/05 )
Rank:31,523
★★★★★
posted by weLoge


FF:U〜外界の章〜にはテレビ放送された全25話のストーリーダイジェストが載っておりますので、FF:U知らない方にこの本をオススメします!
FF:U知っている方(知らない方もですが)。この本に載っているFF:Uafterを見逃す手はありません(断言)異界で生まれし双子のその後。両親との一時。そして、混沌を滅ぼし、外界へとやってきた黒き風。そして白い雲…。
とにかく、オイシイデス(謎)
この他にも、草K琢仁さんの描きおろしポスターやO.C.C.S.特別版など特典もいっぱいですv

2001年秋から2002年春にテレビで放送された「ファイナルファンタジー:
アンリミテッド」は「異界の章」でしたが、この本はそのストーリーの
後に続く物語で、登場人物たちが外界に戻ってからのことを扱っています。
リサがどういう地位の人かは、テレビアニメ中では明示的にはされず、と
ころどころで暗示されていましたが、この本においては、はっきり示され
ます。
シナリオ仕立てで書かれており、アニメで各登場人物の役をやった声優
さんたちが引き続きこの本のストーリーで演じているように想像して読む
こともできます。
アニメの第2期があるとすると、この本のストーリーからまずアニメ化され
るのか、それともこの更に後から始まることになるのか、気になるところ
です。

う〜〜〜〜んさすがですね。でましたよぉFF:U
なんか微妙なとこでTVアニメは終っちゃいましたしね。
これでけりがつきます!!
そこにいるFF:Uファン〈マニア)の皆さんぜひぜひ買いましょう続きを読む
posted by すぴっつ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。